サニー文庫9/10版

竹内佳代がスタジオスツールで、毎月第4土曜日の10:00~12:00にSUNNY BUNKO(家庭文庫)を開いています。

9月26日(土)のサニー文庫はお天気が良ければ外で返却を承ります!10:00-12:00

晴天でありますように。

少し前のこと。開催期間が変更された「熊谷守一展」に行きました。

本(紙の印刷)で見てきた絵を、板や布にのせられた色の厚みを感じながら見られたことは、喜びしかない時間。

今まで見たことのなかった自画像以外の“人”の絵は、守一さんを通してその人となりが伝わってくる。

描くために見ている、というよりその人の心の奥まで見つめながら描かれたよう。

「モリカズ様式」と呼ばれる色の面での表現に至るまでの、沢山の作品に出会えました。

晩年の20年はほぼ自宅から出ず、庭で虫や草花を観察し、97歳まで制作はつづいた。

生涯貫いたのは「自分は自分」ということ。「自分を出す」ことを大事に自らの表現を探求し続けた守一さんの作品は、

今でもいきいきとして私達を惹きつけている。

「はじまるよ」 守一さんの絵そのまま(サインも入っているまま)が、ぱくきょんみさんの言葉で生きています。

サニー文庫8/25版

竹内佳代がスタジオスツールで、毎月第4土曜日の10:00~12:00にSUNNY BUNKO(家庭文庫)を開いています。

久しぶりの方に会うと「自粛の間お家で何かしてました?」と聞かれるようになりました。

気になっていた場所を片づけたり、会えない友達とビデオ通話してみたり。

(結局「やっぱり会いたい!」という気持ちがつのることが判明。)

買い物に行かずして今までにない料理が作れないかとごはん作りを模索。

小っちゃいことばかりですが、東京→京都のリモートヨガも続けています。

そんな中でも大きかった出来事は、やはり庭づくりです。

ガーデンプランナーの奥田由味子さんと相談しながら作っていく庭づくりは暑い毎日でしたが、本当に、本当に楽しい時間でした。

「奥田さん、有難うございました!」皆様、是非29日の放送をご覧ください!

秋になればまだまだ植えたい植物を増やしていきますので、成長してゆく庭をSTU:Lに来て下さる皆さんにも喜んでいただけたらと思っています。


暑い日、スコップでひたすら土を掘って穴をあける。

下を向くと土の上にもポタポタと汗が落ちる。

首に巻いているタオルもすでに汗まみれ。

それでもひたすら無心に掘って、穴が出来上がって手を止めた時、

ご褒美のように吹く風のなんと気持ちがよいこと!

庭づくりをしながら、谷川俊太郎さんの絵本を思い出しました。

9月のサニー文庫は開けますように。祈っています。

サニー文庫8/10版

竹内佳代がスタジオスツールで、毎月第4土曜日の10:00~12:00にSUNNY BUNKO(家庭文庫)を開いています。

暑さが厳しくなった8月。毎回悩んでいるのですが今月もサニー文庫はお休みします。

9月には再開できるよう祈ります。

返却を希望の方はLINEやお電話でご連絡いただけましたら対応させていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


庭中の土に空気を入れたGW。それをきっかけに庭づくりを進めることを決めました。

ガーデナーの奥田由味子さんに相談すると、「自分の好きを知ってほしいので、宿題を出しますね。」と、

庭づくりの初めの一歩は、自分が好きな植物を探してコピーして、撮影した写真はプリントしてスクラップすることでした。

図書館に行ったり、家にある図鑑や本を引っ張り出して探すこと、スクラップしたものを見返すことはわくわくしました。

庭に植えたい植物が決まってきた時、とても役に立ったのが “学生版 牧野日本植物図鑑” でした。数年前に古本屋さんで出会った一冊。

写真で見比べてもはっきりわからない植物も、実の付き方や根っこの形状が詳しく描かれているので判別できる!!

庭づくりをしたことで牧野さんの図鑑が本当に知りたいことを教えてくれる図鑑であることを体感できたのでした。

この図鑑の序より。

「 ― 学生は勿論一般植物研究者、愛好者、歌人、俳人、詩人、画人等の良きガイドブックであることと信ずる。

著者は今年八十八歳を迎えこの小冊子を新時代を担う人々におくることは深きよろこびである。― 」昭和24年3月

自分を「植物の精」であると語っていた牧野富太郎さん。

94歳で亡くなるまで図鑑や本をつくり続けられ、生涯に集めた標本は約40万枚!

約1650もの学名をつけられました。以前、テレビのドキュメンタリーで正装した牧野さんが山で、

「またのぞき」をしてこちらを見ている写真が映っていて、気さくなお人柄がたった一枚の写真から伝わってきたのでした。

サニー文庫7/25版

竹内佳代がスタジオスツールで、毎月第4土曜日の10:00~12:00にSUNNY BUNKO(家庭文庫)を開いています。

7月25日(土)のサニー文庫は、外で開催予定でしたが雨の為お休みとさせていただきます。

文庫のことでお問合せをいただきありがとうございました。長いお休みになりますが次の文庫を待っていて下さいね。よろしくお願い致します。


6月に初めて梅狩りを体験しました。敷地に千本の梅の木。

あちらからこちらから眺めながら“美味しそうな梅”をもぎ取り、歩きました。

梅の入った袋を家で開くと、部屋に梅の香りが広がって今年も無事に梅仕事ができましたよ。

初めて漬けた「城州白梅」という香りのよい梅。

梅酒、梅シロップ、沢山の瓶が台所に並んでいます。

『うめぼしさん』 かんざわとしこ文 / ましませつこ絵

梅の洗われるようすがでてきます。

“ころころぽちゃぽちゃおけのなか” 水にうかぶ梅たちは気持ちよさそう。

みんなと一緒に読みたかった一冊。