スツール通信9/25版

スツールの竹内です。

朝晩はすっかり秋めいて、窓からはすぅ~っと冷たい風が流れ込みます。

玄関先のツリバナが実をつけています。

はずかしそうに下を向いて、でも情熱的な赤で。

ツリバナ

植物は癒されると言いますが、このまえ思ったのですが、

ボクは植物は見るというより、世話をするその行為に癒されるんだなぁと感じました。

ふれている時の、自分の心持ちと、植物の色と匂いと、土。

しんどくなりそうな時、ふっと庭に出て植物にふれると頭も体もすきっとして、

いったんリセット、次に行ける態勢がととのう。

儚さも強さも体中に染み込んでくる感じとでも言いましょうか。

「今、ここにいる。」

とても大切なことを教えられますね。

過去も未来もあまり深く考え込まず、なるようになる!

それより今に集中する。

そうなると、自分のすべてを出し切れる体力が必要だな。

54歳、へとへとですけど、まだまだつづくな。

山登りで言うと、もうてっぺんに登って、いまは下山し始めてるって感じ。

確かに登りとは風景や気構えがぜんぜん違うなぁ。

コロコロと転げ落ちないように、ゆっくり足元に気を付けて。

でも下りは早そうだな。

どうしよう、、、平地にもどったらもうゆっくりするのか、

それとも新しい別の低山をみつけて、また登るか。

夫婦で相談しながら数年、考えます。

そうそう、最近Beat Fitでストレッチや簡単なトレーニングをしています。

あれ、いいですよー、女性の方が励ましてくれるから(笑)。

話は変わって、、、

今回のIRON MAIDEN の新作はもう聴かれましたか?

人間の憂い、悲しみ、怒りを感じるサウンドだとボクは解釈している。

世界的なバンドで、もう17作目を数える新作、SENJUTSU。

乱世を強い戦術で生き抜くことがどうやら今回のテーマのようです。

7曲目のDarkest Hourでは、エイドリアン・スミスのギターソロが泣いてます。