スツール通信7/25版 ~告白~

 こんにちは、スツールの竹内です。

灼熱の夏が始まってしまいましたがみなさん、お元気ですかー。

僕は思ったよりも好いスタートが切れたように、まっそう言い聞かせてるところです。

夕方にはプールでひと泳ぎしてクールダウンを心掛けていますが、今あらたにキックの練習を始めたことで、上手く行かず頭に血が上っています。

昨年から続くコロナクライシス。

毎朝1時間半ほどの、ストレッチ&トレーニングというお決まりコースもなんとか続いてるし、音楽を聴く時間も本を読む時間も増え、しかも別ジャンルのものまで手を出す始末だけど、これが良い効果となって心穏やかに居れてます。

と前向きな思考を持ちつつも、失ったものはやっぱりあまりにも大きく、もうこの手にもどせないという失望感が心中、蠢いています。

もう少し深く潜り込んで覗いてみると、もしかしたら、、、コロナ前の2019年までに少しずつ失っていたのかもしれないという所に到達した。

素直さとか、感謝とか、勇気とか、そういう人生においてとても大切なものに、心を砕いて溶かせてなかったんじゃないかとフッとかすめ、ドキッとした。

下を向いて歩いていた時間が随分あったから仕方ないけれど、じゃぁどうする? 自然な流れに身を委ね、信じてやるしかない!

失くしたものと同じものをこの手に、もどしたいとはもう思わない。

新しいものを掴みに行く。

そんな心変わりから、何年も前から温めては冷やし、また温めては見ないふりをしていた世界に一歩足を踏み入れました。

一日、3~6時間の猛勉強を灼熱の中、進めております。

秋までこの生活を続けて、無事に合格した暁にはなんとなくスツール通信に書きます。

全然大したことないんですよ、でも僕には大きなことなのでそれで充分支えになる。

何も聞かず見守っていてくださいねー。