サニー文庫1/10版

竹内佳代がスタジオスツールで、毎月第4土曜日の10:00~12:00にSUNNY BUNKO(家庭文庫)を開いています。

2021年一回目のサニー文庫は 1月23日(土)10:00 - 12:00

1月は恒例のカルタ大会をしますよ。

*マスクの着用とアルコール消毒にご協力をお願いします。

「眠りつづけたサンタさん」

本のタイトルではありません。昨年末の文庫で、もう一つの贈り物としてお渡しした折り紙のサンタのお話し。最近記憶が怪しい私には何年前だったのか思い出せないのですが、STU:L にきてくれた男の子から折り紙のサンタをもらいました。そのサンタは私が初めて見る形のサンタでした。感激している私に、厚みのある折り紙の本を抱えた男の子は“一枚でできている”と教えてくれたと思います。袋を担いでいて、髭と袋が裏面の白になっている。何より立ち姿がとてもいい。(足の角度やらとにかく好み。ドストライク。)その後のサニー文庫の時に、石谷さん(サニーサンタの一人)にサンタを見せると、“わぁ、いい。この足の角度っ!”と石谷さんと盛り上がり、“折り方を調べておくね”と、私が言ったのです。 その年はもうすでに贈り物が決まっていたので来年に…と折り紙の本やネットを探しても同じサンタがみつからない。それから、サンタさんは箱の中でぐっすり眠ることに。昨年の12月、久しぶりに開いた箱、サンタと目が合った。月日が経ち、サンタさんを起こしてみるとやっぱりよい立ち姿。そっとテープを剥がして開き、男の子が作ってくれた折れ線をたどり始めた。15㎝角の紙の線を追いかけて、開いては戻してを繰り返す。そんな中、「!?」折り紙の三等分の線を発見!すると、ぎゅっと固結びしていた紐の結び目が解けるようにそこからするりするりと・・・。折り方が見えてきた~!新しいサンタさんが現れる!!先ずは何はともあれ石谷さんに写真を送る→喜びを共有。(笑)そして、昨年無事に子ども達に贈り物として袋を担いだサンタさんを手渡せたのでした。こんなこともありながら、続いているサニー文庫。今年もどうぞよろしくお願いいたします。