スツール通信12/10版 ~やさしさの結晶~

今回のスツール通信のために、既に用意をしていた文章があったのですが、

先日ある出来事があり、そのことを書くべきではないか、いや、そうじゃない。

少し葛藤しましたが、やはりカメラマンとして伝えるべきだと思い、差し替えました。

お読みいただければ、とても嬉しいです。

11月21日(土)の23時。

15年前の結婚式から今もずっーーと家族の写真撮影をさせてもらっていて、

今ではもう友人でもあるご家族の小学生の息子くんが、僕に届け物があると、LINEが来た。

ちょうど明日の撮影の帰り道がお家の近くを通るから、寄ることにした。

11月22日(日)の13時。

息子くんから届け物を貰って、みんなで少しお喋りして帰ろうとすると、彼女(ママ)が急に泣き出した。

お父さんの余命があと1か月だと、お医者さんに宣告されたと。

目に涙をうかべて、

「私は、お父さんとお母さんの二人の写真を残しておきたい。」

「でも、許してくれるか分からない。」

確かに、ご両親はきっとそれどころじゃないだろう。

「でものちのち、あの時写真を撮っておいてよかったと思える時が必ず来るよ!」

「お父さんお母さんに、ちゃんとえみちゃんの気持ちを真っ直ぐに伝えてほしい。」

それだけを伝えました。

11月25日(水)の14時。

ご両親はいいよっと言ってくださり、撮影当日を迎えました。

天気はどんより曇りの中、ご実家に到着。

彼女の希望でお家の前で撮影する予定だった。

ただ、歩けなくなったお父さんにご無理のないように、

玄関前に椅子を用意して、そこで撮影することにしました。

力を振り絞って、、、玄関前の椅子まで来て下さいました。

お母さんにはすぐ横に立ってもらいました。

お父さんは上着を羽織り、でも当然ですが、下はパジャマ姿に裸足。

その様子を見て、彼女は上半身の写真にしてほしいと言いましたが、

最後になるお父さんの写真は、ちゃんと全身でも残してあげたいと僕は言いました。

すると、その思いを受け入れてくれて、みんなで靴下とスニーカーを履かせて上げました。

ファインダーを覗くと、急に明るくなった。

空を見上げると雲が流れ、太陽の光がご実家を照らしてくれた。

お父さんの姿がとても美しく、とてもいいお顔です。

必死の思いでシャッターを切りました。

おそらく10分ほどの出来事だったと思います。

シャッターを切ってる間、彼女は横で悲しみを堪えていたと思うけれど、

ご両親から目を離さなかった。

12月7日(月)の11時。

すぐに、ご両親に仕上がった写真を見てほしくて、

フレームに収めたお父さんお母さんの写真を持って届けに出掛けた。

「えみちゃん、お待たせ、いい写真が撮れたよ!」

彼女は大粒の涙を流して、

「昨日の夕方、息を引き取りました。」

「えっ、、、?」

間に合わなかったのです。 

あと少し早かったら。

悔やまれました。

でも彼女のやさしさで、僕に会うまでは伝えなかったのです。

「ごめん、間に合わなかった。」

すると彼女は、

「竹内さん、間に合ったよ!」

と言ってくれた。

「今日これから、この写真、持って行って飾ります、いいですか?」

「もちろん! 是非飾ってあげてほしい。」

15年前の結婚式で撮影した、彼女とお父さんの2ショット写真を見せてくれて、

この父の写真を使わせてもらいますねって。

涙を堪えるのに精一杯でした。

生きることにいつも一生懸命な、えみちゃんを見ていて分かります。

彼女を育てあげてくれたお父さんは、人間的に素晴らしい人だったのだろう。

この日の天気のように、温かく穏やかで、強く青に染まろうとする冬空のように。

彼女は何度もなんども、写真を撮っておいてよかったと、何度もなんどもお礼を言ってくれた。

そして、佳代が僕に託したメッセージのお陰で今、なんだか強くいれますって、言ってくれた。

それでも無常にも時は流れ、容赦なく日常が始まります。

えみちゃんへ。

どうか悲しみが少しずつ時に流れ、やさしさの結晶だけ心に留まりますように。

そしてどうか写真を見ては、時折、お父さんの生きた証しを感じて下さい。

ほんとにありがとう。

そして、たまたま息子くんからの連絡で、お家に立ち寄ることになったあの日。

もしあの日がなければ、、、。

小学生の息子くんに深い感謝を示したいと思います。

ありがとう。

お父さんの最後の写真を撮影できたこと、誇りに思います。

親愛なるえみちゃんへ。

2020年12月8日 カメラマン・竹内靖博