スツール通信11/25版~新たな出発~

とても長かった。

しんどさに埋まる時は、とうとう消え去ります。

更年期の症状でしょうか?

理由はわかんないけど、ここ何年か辛くしんどかった。

しかし家族の支え、心友・お客さんの存在、人との出会い、音楽、本、ラジオ、ストレッチ&トレーニング、植物、そしてフィルムカメラ。

色んなことのお陰で自分を取り戻した。 いやちょっと違う。

新しい風がスススッと隙間にうまーく入り込んでくれたようで、自分の何分の1かの細胞が生まれ変わった感覚です。

生きてることがとても嬉しく、楽しい。

なんだろう、、、この感覚?

重いものを下ろし始めてるからかも知れないね。

それと、新しいことを始めたからかも知れない。

自分の未来が変わろうとしている予感です。

なんか、いいことばっかり並べてますが、誰もお気づきじゃなかったと思いますが、

ここ数年は暗黒の時間だったように思います。

何故、誰も気付かなかったか、それは人に会うと僕はパワフルになるからです。

脱け出せたのは、先ずは誰の真似でもない自分達の居場所を佳代と作り、揺るぎない自信をつけようと思った。

心と物の断捨離をし、庭を作り替え、植物を探し植え、その流れで外構も自分が好いと思うように美しくする。

それと同時に居場所だけでなく、自分の体もいちから作り直さないといけないと思いました。

自己肯定感のアップです。 実は僕は自己否定感の塊なのでした。

このスツール通信でリポートして行きますが、体のメンテナンスをいよいよ始めます。

コロナ禍でよかったことは、自分の体とじっくり会話ができたこと。

朝のストレッチ&トレーニングを続けていますが、プロの手を借り、そのひとつ先に進みますね。

次回のリポートをお楽しみに。。