スツール通信9/25版+東京のお知らせ

こんにちは、竹内靖博です。

朝晩が冷え込んできて、短パンから少し厚手の長ズボンへ。布団はと言うと、羽毛にはまだ早いから、ならばと夏掛け布団を2枚重ねにしてシーツにセット。これが気持ちいい。家族みんな快適。適度な重さと適度な風通り。おかげでよく眠れて、寝付きがさらに好くなって、5分後には ZZZー。。

大体いつも、10時30分頃から寝る準備に入る。布団を敷いて、歯を磨く。歯間ブラシをして舌磨きをして、水をコップに2杯飲む。最後にCon CooLでマウスウォッシュ、トイレに行っておやすみー。ラジオを聴くと5分後にZZZー。

意外に準備が多いけれど、ルーティーンなのでいつもの通りに行くと気持ちいい。あぁ今日もいつも通り、滞ることなく、一日を流れるように過ごせた証明。

ドラマティックなことなんかいらない。生きる力の助けにはあまりならない。それより、一日を朝から晩まで思うように流れた時の喜びは大きいと、最近思う。何でもない瞬間が幸せだと思い、日々繋げていくには、体と心のバランス力。心よりも先に体が来なくてはいけないことも、1年前に覚えた。

僕の場合、心が体を引っ張って行くのは長続きしなくて、途中でへこたれてしまう。体が心を引っ張って行くと、なんか上手く行くみたいです。体が喜ぶごはん。そして眠くなったら寝る。そして仕事もプライベートも好きなことを見付けてやる。

あとは、僅かな心友と語り合えればそれでいい。それがいい。

今日も長岡京の家で、太陽を浴びて植物を育て、風がすぅっーと吹いたなら、そのまま押されてどこかへ。

ここでお知らせがひとつ。

東京西荻窪に暮らす心友の嶋崎くんと絵里奈ちゃん。

彼は元プロボクサー・現パーソナルトレーナー、彼女は中華の料理人。

秋篠の森の結婚式撮影で出会って以来、友人関係が続き今年はお正月に会いに来てくれたり、よくLINEをくれたり。

親交を深めているうちに、コロナ。二人とも思うように仕事が出来ず。功を奏して独立の意思を固める間際に、相談の連絡をくれた。

以前から、いつかは竹内さん・佳代さんみたいに夫婦で独立をしたいという、嬉しいことを話してくれてたので大賛成。でも時期が時期だけにここはひとまず慎重に受け答えをしようしたのだけれど、素晴らしい物件にも出会えたと大興奮が伝わる文章と写真が送られてきた。これは確かにすごい!

背中を押しました。 というより、特にえりちゃんのはじめの一歩の足がもう出てたんじゃないかな。

1Fは、えりちゃんのお弁当屋さん。2Fは嶋崎くんのパーソナルトレーニングスペース。

オープンして1週間。えりちゃんのお店は行列ができるほどの順調な滑り出しのようです。

1F/ 日常軒 →●

2F / 由然堂 

こんなにチャーミングな二人! 是非ふたりの仕事をご堪能あれ。。