小学校最後の登校密着

写真日記

2009年、リコちゃんが2歳の時からご縁が始まりました。お兄ちゃんのハルキといっつも大きな声でゲラゲラ笑って、スタジオで撮影をしていたリコちゃんももう小学校卒業です。ハルキにもしたように、リコちゃんも最後の登校密着写真撮影。11年間で27回目の撮影になります。これだけ長ーく撮影をさせていただくと、カメラマンという立場から親戚のおじさんという立場に変わり、ご家族との距離が近くなりそれが写真に表れます。スツールに撮影に来られるお客さんが一番よく言われることは、「子どもはいつまで一緒に撮影に来てくれるかなぁ?」それは子ども次第ではなく、親次第です。久谷ファミリーは、いつもお母さんが「竹内さんとこに行こう。」と言ってくれる。桜が咲いたからとか、年末だからとか、入学するからとか、誕生日だからとか。写真撮影だからと言って身構えるのではなく、日常のつづきのようにスタジオに訪れるその姿を見て、とても素敵だと思う。