プロローグ

エッセイ

事業所を開設して3年。石の上にも3年とありますが、お年寄りと接する3年は普通の3年ではありません。80年90年生きてきた方の3年はとても貴重な時間です。お年寄りは若い時のように無駄に時間を使うことは出来ません。かといって新しいことにチャレンジすることもなかなかありません。いつ死んでも良いと言う割には病院通い。理想は今日楽しく過ごして明日の朝苦しまずに死んでいたい。けれどもそんなに上手くはいきません。認知症になったら考えなくて良いから幸せかも知れないって言いながら、ならないようにクロスワードパズルを毎日一生懸命している。そんな、言うこととやっていることにかなりの隔たりがあるお年寄りのことを大好きな私たちが実際にあったお年寄りのあんな話こんな話を面白可笑しく時に切なくお伝えしようと思います。
*ここでは高齢者のことを愛情もってお年寄りと表現します。

→ 次回は「①中村さん、トイレ事件」

写真・文 / 川瀬啓介 未央


2011年からご縁が始まりました。今も毎年スタジオで家族撮影をさせて頂いている川瀬ファミリーに、「Sukkuのクスッと笑わせて」を書いてもらっています。いいタイトルを付けて下さいました。2017年、リハビリを中心としたデイサービスの事業所を開くので屋号を付けてほしいとお声を掛けて下さり、妻の佳代のアイデアでSukkuが決まりました。こんなに優しい体のプロは見たことないです。

Sukku 川瀬啓介 / 未央(理学療法士・鍼灸師 / 鍼灸師)

〒622-0002 京都府南丹市園部町美園町4-16-38 TEL 0771-62-0005