プロフィール

竹内靖博:フィルムカメラマン 会社員がぜんぜん自分にあってないと10年以上経って気づき、よし辞めようと思ったけれど何にも武器がないので、その前に結婚することにした。すると美術好きの妻が挙式撮影を依頼するカメラマンさんを探し当てた。その方と初めて打合せをした時、お持ちだったCanonのフィルムカメラに魅せられて次の日に同じカメラを購入した。会社を休んで5回だけ挙式撮影の現場について行き、見て撮って学び、1年後に辞表を出していきなりフリーのカメラマンになりました。

竹内佳代:台紙製作 学生時代、社会人、手を動かすことをしていました。結婚してすぐに長男そして次男が誕生し子育ての期間を経て2005年、念願だった平屋と出逢ったことをきっかけに家の修理をしたり、場所づくりをしたりと再び手を動かし始める。2006年からはこんなのがあればいいなぁ、と考えていた写真台紙( mount album ) の製作をスタート。他に結婚証明書、真田紐の台紙、meimeiを仕立てています。