本当の名前

お母さんと一緒に文庫やPARTSに来てくれる、さきちゃん。
いつも来る途中で摘んできた草花や実を見せてくれます。

とっても見つけるのが上手で、
‘こんな実、駅からうちまでの間にあったかな?’と
いつも感心して見せてもらっています。

この間の文庫のとき、
摘んできていた草や実を見せてくれた後
「はい、これ川に遊びに行ったとき見つけたから
サニー文庫さんにあげる」と、石を1つくれました。

何をかくそう、さきちゃんと私は石仲間。
私がビンにつめている石を見てもらったり
さきちゃんのお気に入りを見せてもらったり。
庭で一緒に石探しをすることも。

さきちゃんのくれた石は茶色いスジが沢山はいっている
小さいけれどなんとも味のある石。
大人同士のように詳しく語ることはなくても
私の好みをわかってくれているよう。

暑い季節の川遊びは楽しい時間だと思うのに
そんな時に‘サニー文庫さんに’と
親子で石探しをしてくれた気持ちが
なによりも嬉しかったのでした。

ちなみに、さきちゃんはいつも私を
“サニーぶんこさん”と呼んでくれるのですが
実は「サニー」(名字)「ぶん子」(名前)
と思っているのではないか!?とお母さんと話して笑いました。

石が好きっていう気持ちがつながっていれば
本当の名前なんて知ってもらわなくてもいいかな、と思っています。