企業で親子カメラ

初めて企業から親子カメラのご依頼を頂きました。

フェリシモの社員さんによるサークル活動、“ パパママ部 ” からお声が掛かり、

3歳から大人までの31名様ご参加の親子カメラ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

① フィルム写真のお話し。

② 写ルンですを親子全員1人1台配布。

③ 1時間ほど神戸の街を思い思いに撮影。

④ 現像・プリントの間、ポケットアルバムの表紙を絵の具や色鉛筆、シールやスタンピングで、親子各々が製作。

⑤ 一旦昼食。

⑥ 表紙とポケットアルバムの中身を、好きな色の麻紐で綴じる。

⑦ 仕上がったフィルムの生写真を収めると、今日という一日がカタチになる。

⑧ 帰宅後、アルバムを観ながら撮影の時の思いを喋り合って、心のライブラリーに収める。

img_5262img_5263img_5266img_5274img_5281img_5285img_5286img_5288img_5289img_5290img_5300img_5292img_5296

同じ様な思いで仕事をされている神戸のプリントショップさんと出会えた。
奇跡の出会いに今後また、ご一緒することを約束して別れた。
フィルム写真はもう今の時代にはそぐわないという風潮だからこそ、活動を続ける意味がある。そして、そこで出会えたお客さんや仕事仲間とは、多くを語らずとも肩を寄せ合える。

会社のレクリエーション係の皆さま。
バーベキュー大会もいいですが、親子カメラもなかなか面白いですよ。
賛同くださる会社さんがおられれば、是非STU:Lにご一報下さい。
フィルム写真の好さをお伝えするために参上いたします。