PRESENCE / ROCK ME

今週はPRESENCEです。
と言っても、ご存知の方はやっぱり少ないでしょうね。
では恩田快人さんと言えばどうでしょう?
まだ分かりませんか?
JUDY AND MARYのベーシストと言えば、ほらなんとなく分かるでしょ。
そうです、一番ハードロッカーぽかった人です。
恩田氏が在籍していて、見事にメジャーデビューを果たしたバンドです。
1987年、僕が20歳の時ですね。
実質の活動は6年ほどですが、人気は割にあったと思います。
特にギターの白田氏はルックスとテクニックに優れ、女性に人気がありました。
デビューアルバムの1曲目のROCK ME。
事務所もレコード会社も力を入れていたんでしょうね。
PVをちゃんと製作していて、当時ミュージックトマトジャパンでよく放送されてました。
ただ、全く意味不明ですが、当時はなんでかそんなPV達がまかり通っていました。
ハードロック・へヴィメタルバンドは、男に人気がないと絶対に上手くいきません。
女性人気は長続きせず、衰退の一途を辿りました。
このアルバムしか聴いてなかったですが、リードトラックのこの曲はROCK&ROLLしていて、
抜けもよくて、今でも時々聴きます。

SOUND→ ◎