EARTHSHAKER / Fugitive

毎週、このコーナーをお読みいただいて有難うございます。
とても嬉しいです。
これは決して、自分史のノスタルジーにひたってるのではなく、ホントに今聴いても素晴らしい音楽だなぁという思いから、是非皆さんにも聴いていただきたいなと本気で思っております。今やハードロックは衰退しつつありますが、この美しさを途絶えさせてはいけません。
共に分かち合いましょうね。
では今週も始めて行きます。
今月のマンスリーアーティストは、いよいよ登場EARTHSHAKERです。
邦楽ハードロックで一番初めにベースでコピーして、初ライブで演奏したのがEARTHSHAKER。
1stアルバムのWALLやDARK ANGELだった。
今日ご紹介する曲は、高校2年の時にリリースされた2ndアルバムのラストを飾る、
EARTHSHAKERの中で僕が一番好きな曲・Fugitive。
逃亡者という悲しいタイトルの曲だけれど、こういう曲を演らせたら右に出るものはいない!
マーシーの歌唱もそうだし、シャラの泣きのギターもそうだ。
15年の活動を経て一度は解散するも、1999年に再結成し、来年還暦を迎えるとは思えない数少ない現役のハードロックバンド。
マーシーの声があまり出なくなったのは否めないが、歳も歳だからそれは仕方のない事だ。
その分、他のメンバーがあの頃のようにガンガンやってくれている。
兎にも角にも一度ご賞味あれ。
シャラのギターが泣いてます。

SOUND→ ◎