ANTHEM / Wild Anthem

1985年、記念すべきデビューアルバムの記念すべきリードトラック・Wild Anthemを、
今日はご紹介します。
メジャーデビュー直前にヴォーカリストが脱退という不運に見舞われたがオーディションで、
坂本英三氏を迎え入れ、無事リリースに漕ぎ着けた。
この曲は前ヴォーカリスト時とは歌詞・歌メロ・アレンジを若干変え、よりパンチを利かせているが、歌は全然まだまだ雑である。
その後3枚のアルバムを坂本英三氏のヴォーカルでリリースするも、その雑さは変わらず、しかしそれがもしかすると彼の持ち味だとも言えるのかも知れない。
現にこうしてWild Anthemを紹介しているのだから。
この曲はメンバーチェンジを繰り返した今も、歌い続けられている大切な曲だ。

SOUND→ ◎