VOW WOW / Don’t Leave Me Now

ギターの山本恭司は、アグレッシブでハードなギターを弾くが、人柄はとても温厚だと思う。何故なら話し方がとても紳士で、優しくて、静かで、暖かくて、丁寧なのだ。
どのインタビュー動画を見ても、いつも変わらず自分を絶対に崩さない穏やかさを感じる。
しかしギターを持つと途端にスイッチON、激しくなるのだ。
人見元基はVOWWOW解散後、NHKの子供番組の歌をうたっていたという経歴を持つ。
何故ならVOWWOWはNHKと繋がりがあるからなのだ。
この辺の話は次回、軽く触れますね。
そんな個性がいい意味でぶつかり合ったバンドだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そう言えばこの曲で、夜のヒットスタジオに出演していた。
それを家のテレビでボクは生で観た。
あの番組は生放送が売りだったから、まさしく生で観たのだ。
母親もVOWWOWは恰好いいバンドだと言ってたから、一緒に観ていた。
このBassは、元WHITESNAKE、GARY MOORE BANDのニールマーレイが弾いてます。
LOUDNESSがアメリカなら、VOWWOWはイギリスだ。
イギリスでのメジャーデビューアルバムがこれだ。
いよいよご本人の登場です、ヨロシク。

SOUND→ ◎