VAN HALEN / Runnin’ With The Devil

初めてハードロックを聴いたのが、ヨーロッパのバンド、
Michael Schenker Groupだった。
派手な奏法はないが、叙情的でメロウでマイナーで湿気が纏わりつくような、日本人好みの楽曲がずらっーと並んでいる。
革ジャンにジーンズ姿で白黒のフライングVを右太ももにあて、
時折ネックをぐっーと曲げ、顔を歪めながらギターを弾く姿に酔いしれたものだ。
そしてそして、次に聞いたバンドがこれまた凄かった。
そう、言わずと知れたアメリカのハードロックバンドVAN HALEN。
打って変わって、からッとした空気で湿気なんか大嫌いで、メジャーでグイグイ押してくる、ご陽気なバンドだ。
オーバーオール姿のエドワード・ヴァン・ヘイレンの抜けのいいギターサウンド。ライトハンドという、とんでもない奏法を編み出し、後世に残る一大事をやってのけたギタリスト。
ヴォーカルのデイヴィッド・リー・ロスもド派手。
聴かせる + 見せるに徹したハードロックバンドだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その記念すべき1stアルバムを、高1の時に組んだバンドのギターの奴の家で聴いた。
そいつがレコードに針を落とし、1曲目のRunnin’ With The Devil。
なんじゃこの感じ! 今までにない、なんか気持ちいいぞ!
この日を待ってましたとばかりに、僕は一気に覚醒してしまったのだ。
メタルサイヤ人誕生。
鳥肌がずっと立っていたのを今も確かな感覚として憶えている。
2曲目はエディのギターソロ、Eruption。
これは、そのギターの奴がほぼ完ぺきに披露したのだ。
高2の春、初ライブを何でか伏見桃山のライブハウスでしたのだけれど、
奴はこれを弾いたなぁ。
この前、伏見桃山に行ったけれど、もうライブハウスはなかった。

SOUND→ ◎