今週の名言

54.「 LIFE 」

ロックミュージシャン・織田哲郎さんの曲、LIFE

20代の初め頃、よくこのアルバムタイトルのこの曲を聴いた。
洋楽にかなり傾倒していたが、年上でロックで強い歌詞を書く邦楽ミュージシャンの音楽も、
かなり聴き込んでいた。
毎日、同じ電車に揺られて、同じ風景をぼんやり見つめては、
オレの人生、こんなはずやないんやけどなぁーと、
根拠もなく、ただ違う人生が俺には必ずあるはずだといっつも思い、信じ、尖がっていた。
何の取り得もなく、やりたい事もない。
ただただ、この毎日からこの曲のように抜け出したかった。
いつの日かのために、イメージを膨らませていた。
30歳を超えて、それをようやく手に入れた。
今でも自分にとって、とても大切な曲であり、今も何かを確認するための曲。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行き場のないこの苛立ちを 抱いたまま今夜も眠りにつく
そんな夜を重ねては 遠い夢の輝きが痛みに変わる
胸の奥 きしませる小さな叫び
こんな日々を俺は 望んじゃいない
LIFE 何一つ 分からない ままの俺だけど
LIFE これ以上 熱い思い 握り潰せない
何も決めないで 夢だけ詰め込んで LIFE走り出すだけさ

バックミラーをよぎるのは 賭けるチップも失った年老いた町
手にしたダイスを転がす 事さえもないままで時は流れて
灰色の風景に埋もれていく
こんな日々を俺は 望んじゃいない
LIFE もう一度 本当に 確かめてみたい
LIFE 仕方ない そんな言葉 だけが答えなら
もう二度と何も 追いかけはしない LIFEもう一度だけ今

カテゴリー: LIFE