今週の名言

51.「 まだ鳥肌が立ってる。 」

高校2年生・竹内廉

長男が帰宅するなり、まだ鳥肌が立ってるとしきりに言ってる。
腕を見ると、おっー確かに。
部活の仲間12人と土曜日に映画に行き、それは帰宅直後のことだった。

映画好きの長男は、その日の朝からソワソワソワソワしていた。
「 俺、この映画を観たら、初めて泣くかも。」 とか、
「 今迄観た映画のなかで、絶対一番になるだろう。」 とか、呪文のように言ってた。
出掛ける直前には、たまたまTVで予告編が流れ、うぅーこれだけで泣きそうとか言っていた。
そして帰るなり名言を放ったのだ。
映画のタイトルは、“ 君の名は。”
音楽はRADWIMPSで、今の若者にはこれがまた泣かせるようだ。
“ バケモノの子 ” の時のように、そんなにいいんやったらと観に行くことにした。
もう一度長男も行きたいと言うので3人で行くことにした。
長男は2日連続なので、よっぽどのコトだ!
「 母ちゃんは大泣きするからバスタオル、父ちゃんの反応が聞きたい!」
色んな事を言いながら向かった。

高校生から30歳までの人間は観るべきやなぁ(勝手な思い込み)と感想を正直に言って、
何だかガッカリさせてしまった。
お詫びにサントラを買ってやった。
自分が高校生の頃、“ キャプテン ”“ 銀河鉄道999” に深く感動をしてそれからも事ある毎に観ているが、今の若者を引き付ける映画の映像とストーリー展開のクォリティに驚いた。
でも俺にはオレの名作は今も心にある。
無性に観たくなってきた。

カテゴリー: LIFE