カメラ日和学校 at 鳥取県智頭町

カメラ日和学校・関西校を担当いたしておりますが、5月に関西を飛び出し、鳥取県智頭町で開催しました。
中学3年生25人のみんなが、智頭町で働く人たちの図鑑を作りたいという事からこのプロジェクトが動き出しました。
ボクは人物写真のレクチャー役インタビューのレクチャーは矢島編集長。
みたき園というお料理屋さんで行いました。
その場で見出しをまとめ、写真をプリントし貼り付け、1ページを制作するという強行スケジュール。
そんな中、テレビカメラや記者さんの数に驚きました。
初の試みのこの企画、大人達の異様な興奮の中、ボクと編集長は注目度と期待度の高さにドンドン追い込まれ、ギッリギリまで2人でシミュレーションをしていたので、お食事も喉を通らないくらい緊張しました。
しかし始まると、平常心に戻りました。
何故なら、智頭町のみんなはとても真剣で、素直で、すぐにいい写真を連発してくれたからです。
若者の吸収力は素晴らしく清々しい!

男子生徒が発表の最後に、「カメラマンになりたいです!」
勇気を出して発言してくれました。
それを聞いて先生方から大拍手が起きました。

あとから先生が、鳥取の生徒達はとてもシャイで積極的な発言をあまりしないから、驚いたと。

生徒さんたちも、そして大人たちも、
本物を目指す町の中にいると、純粋さを忘れないんです。
場所を提供して下さった、みたき園さんもまた素晴らしい。
みたき園さんの本物の空気感は、人の心を剥き出しにします。
その空気を作るのは、植物や建物、お料理ですが、
やっぱりそこに働く、人ですね!
維持して行く、そしてよりよくして行く、、、。
そんな気持ちが漂う、人の集団だと思いました。
素晴らしい貴重な体験ができました。
ご縁があった25人の生徒たちの1年間を、智頭町人物図鑑の完成を、見つめて行きたいです。

こぼれ話。
出発の数日前、スツールカメラ教室の生徒さんが始めてご主人を連れて遊びに来てくれました。

「ボク、鳥取出身なんです。」
「へぇー、来週行くんですよ鳥取に、智頭町という所に。」
「ボク、智頭町出身なんです。
「・・・ !!!! ・・・。」

IMG_4191
IMG_4198
IMG_4205

カテゴリー: LIFE