植物仲間のおばあちゃん

g229
向かいの家の3軒隣に住む83歳のおばあちゃんとは、大の仲良しだ。
物々交換仲間で、モノは決まって植物。
おばあちゃんは、人に分けるために植物を育ててると言う。
クリスマスローズをくれると、スタージャスミンを渡す。
アジサイが欲しいと言われると、庭にお邪魔して物色。
これとこれとこれが欲しいと遠慮なく言う。
そんなやり取りがもう何年か続いていて、最近ではPARTSでCOWBELLを買ってくれたり、サニー文庫へ友達と来てくれたり。
そうそう、先月サニー文庫に来てくれた時、同じ町内の年配のご夫妻の撮影をした写真をたまたま見てもらった。
すると、いいなぁいいなぁと何度も言ってくれて、私も撮ってほしいなぁと嬉しそうに応えてくれた。
それから数日後、ピンポーンと家のチャイムをおばあちゃんが鳴らした。
どうしたの? と聞くと、写真を撮って欲しいと恥ずかしそうに言ってくれた。
じゃぁ、いつにしようか? 顔を覗き込んで聞いてみてボクは驚いた。
薄化粧が施されていて、いつもの洋服の雰囲気ではないことに気付いた。
そうか! 今なんやと思った。
「これから撮ろうか。」
「えっ、いいの?」
「もちろん!」
洋服を迷っていたおばあちゃんは、もう1本持って来ていたズボンに履き替えて撮影スタート。
OKバッチリ、おばあちゃん終わったよ。
と言うと、アクセサリーをして来たら良かったと後悔をし始めた。
やっぱり女性ですね・・・。
でも足も痛いし取りに帰るのがしんどいから、やっぱりもういいと言う。
そんなん聞いたらこのまま終われへんよ、、、。 とボクは言った。
妻のネックレスを見せると、これがしたいと言ってくれて、再び撮影。
そしてこの表情が撮れました。
お届けすると、すごく恥ずかしそうに見てらしたけど、とても嬉しそうだった。

この前、息子さんにおばあちゃんの写真、見はりました? と聞くと、
タケウチさんとこに撮影に行ったことなんて、全然聞いてない! って。
COWBELLはいつも鳴らしてるけどねって。
家族にも恥ずかしいことなのかなぁ、写真を残すって。
でも、おばあちゃんだけの秘密の楽しい時間があってもいいのかもね!
写真はいいですね、その時間がカタチになるから。
おばあちゃんの部屋にこの写真があると思うと、優しい気持ちになれる。

g228

JPOP LEGEND FORUM

毎週楽しみにしている番組が唯一ある。
テレビはあまり観ないから、FMラジオだ。
音楽ライター・田家秀樹さんのJPOP LEGEND FORUM。
番組の冒頭で必ず言われるキメ台詞から始まる!伝説のアーティスト、伝説のアルバム、伝説のライブ、伝説のムーブメント。
ひとりのアーティストを1か月にわたり特集される、最近のラジオではとても贅沢な内容。

邦楽を聴く場合の約束事のようなものがジブンの中にあって、それは自分と同い年か年上のアーティストしか聴かない。
いつからかそんな風になってしまった。
50前のジブンだから、数が少なく非常に難しくもあるのだが、もう一度かつてのアルバムを聞き直すことにより深まったり、新たなチャレンジをしたり、それはそれで楽しんでいる。
例えば山下達郎、佐野元春、浜田省吾、矢沢永吉、CHAR。
このアーティスト達のすごいところは、簡単に受け入れられるがストーリー性に欠けるような安っぽい最近のカバーアルバムなんぞには手を出さず、今もオリジナルアルバムを出し続けている。そして、TOP1に輝く記録を打ち立てたりしている。
歩く勇気を貰えるそんなアーティストのアルバム特集をこの番組は毎月、届けてくれる。しかも贅沢にも毎週ゲストを変えて1か月にわたり届けてくれる。
時には、スタジオミュージシャン、時にはプロデューサー、時にはご本人。
今月は、間もなくBlood Moonが発売される、佐野元春さん特集。
先月はCHAR、5月には記録を打ち立てた浜田省吾さん。
聞き終わると、CDを必ず買いたくなる番組作りがとても興味深い。
田家さんのインタビューの仕方がとても小気味よく、そして愛を感じるのだ。
声のトーンは控えめながら音楽を聞き込んでいる強さを感じさせ、体内に品のよい感触がじんわりと滲み広がる。
番組のラストには制作・編集者・技術・構成とお相手は、、、 と番組に携わる全てのスタッフの名前を読み上げるのも、命がけで番組を作っている表れだと思わせることが美しい。

是非一度、拝聴あれ。
では、SAME TIME, SAME CHANNEL。

カメラ日和学校 at 鳥取県智頭町

カメラ日和学校・関西校を担当いたしておりますが、5月に関西を飛び出し、鳥取県智頭町で開催しました。
中学3年生25人のみんなが、智頭町で働く人たちの図鑑を作りたいという事からこのプロジェクトが動き出しました。
ボクは人物写真のレクチャー役インタビューのレクチャーは矢島編集長。
みたき園というお料理屋さんで行いました。
その場で見出しをまとめ、写真をプリントし貼り付け、1ページを制作するという強行スケジュール。
そんな中、テレビカメラや記者さんの数に驚きました。
初の試みのこの企画、大人達の異様な興奮の中、ボクと編集長は注目度と期待度の高さにドンドン追い込まれ、ギッリギリまで2人でシミュレーションをしていたので、お食事も喉を通らないくらい緊張しました。
しかし始まると、平常心に戻りました。
何故なら、智頭町のみんなはとても真剣で、素直で、すぐにいい写真を連発してくれたからです。
若者の吸収力は素晴らしく清々しい!

男子生徒が発表の最後に、「カメラマンになりたいです!」
勇気を出して発言してくれました。
それを聞いて先生方から大拍手が起きました。

あとから先生が、鳥取の生徒達はとてもシャイで積極的な発言をあまりしないから、驚いたと。

生徒さんたちも、そして大人たちも、
本物を目指す町の中にいると、純粋さを忘れないんです。
場所を提供して下さった、みたき園さんもまた素晴らしい。
みたき園さんの本物の空気感は、人の心を剥き出しにします。
その空気を作るのは、植物や建物、お料理ですが、
やっぱりそこに働く、人ですね!
維持して行く、そしてよりよくして行く、、、。
そんな気持ちが漂う、人の集団だと思いました。
素晴らしい貴重な体験ができました。
ご縁があった25人の生徒たちの1年間を、智頭町人物図鑑の完成を、見つめて行きたいです。

こぼれ話。
出発の数日前、スツールカメラ教室の生徒さんが始めてご主人を連れて遊びに来てくれました。

「ボク、鳥取出身なんです。」
「へぇー、来週行くんですよ鳥取に、智頭町という所に。」
「ボク、智頭町出身なんです。
「・・・ !!!! ・・・。」

IMG_4191
IMG_4198
IMG_4205

写真プリント。

歳も50直前ともなると、色々振り返ることがある。
じーさんみたいなことを言ってしまうが、それはそういうもんだ。
特に、自分らの親のことに思いを巡らせる時間が増えた。
昔の人は孤独に強い。
今のお母さん方のような手厚いケアとかもなく、楽しそうなイベントが週末ごとにどこかでやっていることもなく、至れり尽くせりなこの時代とは違うから、孤独に生きてく力が凄まじく強いように思えてならない。
うちの母親は手仕事が好きで、よく縫い物をしていた。
家のことにも時間を惜しみなく使っていた。
毎朝掃除機をかけ、そのあと決まって棚から床から隅々まで雑巾がけをして、お料理にも手間を掛けてた。
襖や障子紙を貼り替えたり、しつらえにも凝っていて、ボクは季節感を家の用事から感じていた気がする。
自分の時間は家事にあり、、、 とでも言いたげに、仕事をしながらでもやってくれていた。

父親はと言うと、朝から晩まで仕事仕事仕事、仕事の鬼だった!
でもたまの休日には、キャッチボールをしたり、スクーターでどこかえ連れて行ってくれたりした。
昔からアルバムを見るのが好きなオレは、今でも時々見ている。
でもその写真を撮ってくれてたのは、忙しいはずの父だった。
ブランコや滑り台で遊んでる様子や、バットを構えてるところ、友達といるところ、、、何てことない写真やけど、どの写真を見ても、すごくいい顔で笑っている。
父が撮ってくれてることが嬉しかったんだろう。
フィルム写真だから、枚数は全然多くないし、1年間でも数本のフィルムだけだと思う。
そしてそれを母がアルバムにするという、二人の役割がそれぞれにあるとともに夫婦の共同作業だった。
そういう時に、子供に対する共通の愛情のようなものを実感できたのかも知れない。
少ない写真でも、父や母はこんな風に自分のことを見てくれてたんやなぁと思うと、胸が熱くなる。
写真っていいもんだ!
自分の姿だけでなく、撮ってくれてる人の心も写してるんだな。
数少ない写真だからこそ、伝わる大切な心があると思う。

「メリーゴーランドがSTU:Lにやってくるvol,7」REPORT

IMG_4322
IMG_4323
IMG_4326
このイベントも、もう7年目・7回目でした。
当日は雨模様でしたが、色んな方にお越し頂きまして、会話も弾み、すると心も弾み、これからも続けようと改めて思う強いパワーになりました。
店主の鈴木潤ちゃんの不思議な所は、いつも清々しい人柄なので晴天がとても似合うんやけど、なんでか雨もよく似合う。
それは、彼女は誰に対してもいつも自然体という姿勢だからやと思う。
夕方のライブの時、隣の部屋やPARTSでウクレレの音色と潤ちゃんの話すような歌声をぼんやり聴いてると、雨音とフィットしてきて、最近家でも鳴り捲ってる電子音とはやっぱり全然違うなと思いました。
人の歌声、楽器の生音、それに自然の音。
これがライブなんだな。
人同士も直に会って、顔を見て、声で話して、フィットして行く。
こうありたいですね。

MAT MAKER vol,3

matmaker

f5
f2

「写真を撮る!」それだけではまだ50%の喜び。
撮る → 作る → 飾る → 観る これで喜びが100%になります。

① お気に入りのL判写真を30枚ほど持参。
② 更に4~5枚を選りすぐり、1枚のフレームマットにレイアウトする。
* 同じ日の写真をストーリー立ててもいいし、別日の写真でもOK
③ 写真の寸法取りをし、カットして糊でマットに貼る。
④ フレームに収めれば完成。
* マット2枚を製作します。(フレームは1個だけ使用します)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
場所 / STU:L
日時 / 7/25(SAT) 14:00~17:00
製作費 / 3,300yen
材料費 / 700yen(マット2枚分)
フレーム1個 / STU:Lのオリジナルフレームはとてもシンプルで写真が映える寸法取りをしています。ナチュラルとブラウンの2色。(ナチュラル8,640yen, ブラウン+540yen) kijirushiさんに製作を依頼しています詳しくはこちらをご覧下さい → ◎
* フレームを持ち込まれる場合は、その大きさにマットをカットします。(30cm以上のフレームが好ましいです)
* フレームに入れず、マットのまま飾る方は、おススメする寸法でカットしておきます。

持物 / 生写真・カッター(お家にあるものでOK)

専用定規・カッティングマット・糊は、お貸しします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

普段、ボクがお客さんにお届けしているアルバムやフレームマットの制作方法を全てお伝えします。
よろしければ一度体験して、新たなことを発見して下さい。
そしてその事で日常の楽しみがまた1つ、増えるはずです。

f1
f6
f7