生きてくヒント!

48年も生きてると、色んないらんもんがくっ付いてる気がする。
恥じらいとか、プライドとか、らしさとか、その他とにかく色んな要らないものだ!
それは勝手に付くんじゃなくて、きっとジブンの判断でこれはいつか要るやろとか、これは念のため取っとくとか、こうあらねばとか、でも念のためなどと都合のよい言葉を並べてるだけで、置いてく勇気がないだけでただの言い訳だと分かっていて、そして挙句、重い荷物をしょいながら山を登ってんだろうね。
心の断捨離がそろそろ必要だと昨今、思っている。
ボクは、より高見を目指している訳では全然なくて、身の程を年を重ねる毎に分かってくるし、今が幸せだとも思ってるから、その幸せをキープオンするために、ほんの少し上げて行く位の意識でいる。
ただ、兎にも角にも弾けたいのだ!
我慢とか遠慮とかジブンらしさとかそんなもん取っ払って、弾けたいのだ!

浜田省吾さんが先日、10年ぶりに『Journey of a Songwriter ~ 旅するソングライター』を発表された。
ラジオインタビューを聴きまくり、話されてる一つのことに耳が留まった。
いつからか、誰が言ったのか、人生は自分探しの旅だと。
でも見方を変えると、自分の事はもうよく分かっているから、寧ろ自分から離れたいと思う。
だからこれからの人生は、ジブンを忘れる旅に出ようと思う。
何者にも何事にも囚われず、ノビノビ子どものように好き放題に生きて行かねば!

カメラマンになって15年。
スタジオを営んで9年。
安定を求めて頑張って来たはずなのに、自分にはそういうのは向いてないみたいで、最近刺激を求めている。
新たな人と出会うのもそうだし、既に繋がってる人とも、関係を深めることで新しい発見に満ちた時間をこれからはとことん費やしたいと思う。
そのヒントは、先輩方と触れ合うことにあると思う。
ご近所のおじいちゃん・おばあちゃんたちは、ノビノビと有意義に強く時間を過ごされている。
これからは年配の方たちとの時間を作り出したいと思っている。
そして、生きてくヒントを教えてもらって、心をもっと解き放ちた!

カテゴリー: LIFE