卒業式

僕がカメラマンになると決めて、すぐに妻と名付けた屋号がSTU:L。
初仕事が2000年。
今年でカメラマンになって、そしてSTU:Lを夫婦で初めて、15年目になります。
長男も2000年に生まれたから、全く同じ歩みで進んで来ました。
このスタジオは、長男が小学1年生の時に一緒に始めました。

先日、長男の卒業式から帰ってきた妻の話。
「義務教育を終えて、これからは自分の選んだ高校に行って、自分が選んだ道を行くんやね!
STU:Lもようやく義務教育を終えて、これから自分の道を行くんやね。」
なかなか深いコトを言わはりました。
なるほどと、合点がいきました。
そう思うと、まだまだこれからが勝負なのかも知れません。
1本の本筋は変わらないしこれしか出来ないけど、お客さんへのアプローチのかけ方や間口の寸法なんかは自由に変えて行くと思います。
どうか、義務教育を終えたこれからのSTU:Lも、応援の程よろしくお願いいたします。

g223
2005年に始めた当初のアトリエの写真。翌年にスタジオを作り、撮影を始めました。
ちなみに、スタジオを作る前に妊婦写真を撮ってほしいという依頼があり、悩んだ挙句、スタジオ改装前の場所で撮影したことを今でも鮮明に憶えています。
そのお客さんはその後も撮影に来て下さり、小学校になってこどもカメラにも参加してくれて、今では大切な友人です。

カテゴリー: LIFE