俺の遺影写真

g226
g227
同じ町内のおじさんおばさんの遺影写真を撮らせてもらった。
自治会の花山公園の掃除の日に、
「あなた、カメラマンなの? 私らの遺影写真を撮ってもらえる?」
昨年末のおばさんのこの一言から始まった。
当日までに着る服のことなど、とても悩まれていたご様子を後に伺い、笑い合いました。
ボクが撮りたい遺影写真のことを話しました。
普通は、これでもかという位の大きさの顔のアップの写真が、ドーンと飾られている。
とても違和感を感じていて、そのことを思い切って話しました。
ボクが思う遺影写真は、飾り立てたお顔ではなくて、一番その方らしく周りの方もいい表情やねーという写真で、しかも手元の表情まで分かる写真が、俺の思う遺影写真です。
お二方はそのことを受け入れてくださり、あなたの思うように撮ってもいいと言って下さった。
お写真を見ていると、今がきっと一番いい表情をされてる生き方をされて来られたんだろうなぁと、若輩者ですが直ぐに感じました。
CANON F-1と、Mamiya645を構えると、ご主人がそれはそれはお喜びになられた。お好きだったようです、カメラが。
そんなカメラ談義もあり、とても心を許してくださり、こんなに好い写真が撮れました。
できれば撮りっぱなしではなく、許されるなら毎年更新して欲しいです。

その時が一番いい表情だと思える人生を送りたいですね。
これが俺の遺影写真です。

業務連絡です。
今日のアルファステーションの番組
“SUNNY SIDE BALCONY”にて、 12時20分台にSTU:Lをご紹介下さいます。昨年に引き続き、2度目の登場です。
番組ディレクターさんとDJの慶元まさ美さんが取材に来て下さいました。
アルファの皆さんは、京都を丁寧に取材され、それを分かりやすくタイムリーに届けられる番組作りに徹されています。
是非、アルファステーションをお聴きください。
FM89.4にステイチューン!!.

カテゴリー: LIFE