野生の証明

先週はいかがお過ごしでしたか?
何か好いことはありましたか?
ボクは先週もぶっ通しで、撮影と制作と納品をスタンダードに行っておりました。
そんな中で、喜びを多大に感じられる充実した1週間を過ごしました。
10月から始まった秋冬のご予約ももう半分を終え、56組のお客さんを撮影させて頂きました。
あと半分弱のお客様との年内の撮影を思いっきり、楽しみたいと思っています。
今年も10月からの3ケ月間で100組のお客さんを撮影する、という目標を掲げております。
ただ今、12月20日~30日までのご予約を絶賛受付中でございます。
(※20日の午前中は、出張撮影のみ受け付けております。)
師走でも変わらず丁寧に撮影しますのでどうぞよろしくお願い致します。

STU:Lのお客さんは、こだわりはとてもおありになります。
ココを選ばれること自体、普通ではないと思います。
ただ不思議なんですが、こだわりは深いのに癖がない方ばかりです。
色々注文がありそうに思われるかと思いますが、殆ど何にもないんです。
撮影の仕方、アルバムに収める写真選びなどなど。
一言もおっしゃいません。
ただ撮影のシチュエーションにはとてもみなさん思いが深く、あそこで撮りたいとか、この洋服で撮りたいとか、こんな様子を撮ってほしいとか。
今日も1歳の赤ちゃんを素っ裸にして、撮ってほしいというリクエスト。
そう言えば、2年半前にも兄を素っ裸で撮ったっけ。
みなさん、知ってます?
赤ちゃんて素っ裸にすると、本能で動くことを。
野生を感じますよ。
今日の1歳のコウセイ君はお尻をぐっーと持ち上げ、膝を床からぐっーと持ち上げ、4足歩行するんです。
そう言えば以前にもそうする赤ちゃんがいたなぁ。
服を着ている時の、膝を付いてのハイハイではなく、もっと野性味溢れる歩行です。
まるで動物のような、何だか生命を感じます。
顔は生き生きとした微笑みを浮かべ、今日の赤ちゃんは雄叫びのようなウォーという声を上げました。
みんなで多いに驚き、多いに笑い、そして撮りました。
お母さんもデジタルカメラで撮影してはりました。
是非、やってみて下さい。
命の声と、表情を、見てあげてください。
スタジオでも全然気にせず、脱がしてください。
今日は2年半前の兄・ソウスケ君の写真をアップします。

g190

カテゴリー: LIFE