一流

ここんとこ、一流の空気を味わう機会に恵まれている。

気に入りの財布と麦藁帽は、東京・谷中にある松野屋さんのモノを使っているのだが、ラッキーにも、その松野屋さんの松野社長にお会いする事ができた。
D-MALL京都さんで、3日まで行われている松野屋さんの荒物道具展。
先日、そのパーティにご招待下さったのだ。
ご夫婦と1時間ほど色々なお話をさせて頂くという、大変貴重な時間を過ごしました。

水曜日には、D-MALLさんの1周年記念イベントにまたまたお邪魔をし、
桂南光さんのオモロイおもろい噺を聴かせて頂きました。

翌日の木曜は、大阪フェスで達郎LIVE。

ここんとこ立て続けに、一流の芸を目の当たりにすることができたのだ!
松野社長からは、ライフスタイルを提案するための心得を教わり、
南光師匠からは、ストレートで分かりやすい事の大切さを教わり、
達郎からは、汗水流して働くファンの人達へ、ひた向きに思いを伝える事の大きさを教わった。

雲の上を見る様な思いではあるが、自分らしさで一流を目指してやって行きたいと思う。
憧れてる人たちから直接、言葉のシャワーを浴びる(古い言い回し・・・)ことはとても意味のあることだ。
そして引き合わせてくれた人たちにも、多大なる感謝をしなくてはいけない。
何時・誰が・どんなタイミングでそういう機会を与えてくれるのか分からないと思えば、すべての人と優しく繋がるべきだな。
持ちつ持たれつ、GIVE & TAKE。
何かの形でお返しして行きたいと思う。
g163
たまたま出くわした教室の生徒さんに撮ってもらいました。

2014夏

暦の上ではもう秋ですが、2014年夏・・・の清々しい思い出はできましたでしょうか。
タケウチ家は、小さな積み重ねが思い出になった様な気がします。
今年の夏の最後の一大イベントは、来週大阪フェスで行われる達郎のLIVE。
今回も激しい競争を潜り抜けて、運よく当選しました。
3階席から1階席中央の後方まで順に達郎に近づき、いよいよ今回は1階席の中央の前から10列目と勝手に予測をしていたのですが、またもや3階に引き戻される結果となりました。
そんなに甘いものではないと思いつつ、達郎の顔を見に行く訳でもないので、まぁいいと思う。
思いっきり2014年最後の夏を楽しみたいと思います。
いつもながら身勝手な親だと思う。

下の写真はこの夏、初めてSTU:Lの撮影を味わって下さったお客さん。
ラストショットはスタジオ横の荒れた庭での撮影を希望された時の1枚。
これから永ーーーーいお付き合いになるよう、お近づきになりたいです。
夏の思い出の1つです。
g162

みんなと見る、成人式写真

週末の台風の影響が様々な形で出ておりますが、みなさんは大丈夫でしたか?
スツールは、撮影のご予約を頂いていた4組のお客さんのうち、3組の方がやはり延期になりました。
お1組の愛知県のご家族は、京都観光もかねて思い切っていらっしゃいました。
12月の妊婦撮影の後ご出産され、初めての3人の撮影です。
外は雨でしたが、スタジオは晴ればれとした空気でした。

晴ればれと言えば、20歳になると晴れ姿の撮影を特に女性はされますよね。以外かもしれませんが、スツールでもずっと以前から年に数回はしておりました。
最近ではお客さま同士の繋がりで、ご紹介を頂ける機会が増えております。
妻や友人は決まって、頑なにこう言います。
「絶対に、成人式の写真だけは見せへん!」
今だに妻の20歳の晴れ姿写真を見たことがない。
理由を聞くと、恥だと。
一生に一回の記念写真やのに、悲し過ぎる・・・。
みんなに見せたくなるような、写真アルバムやないと意味がない。
そんな思いから、スツールの成人式写真はいつものようにスナップで撮ることにしています。
撮影場所はご希望にお応えしておりますが、自然の中の人がより好く写るので、多くは長岡天満宮のお庭で撮っています。
タケウチポイントと呼んでいる数か所の撮影場所。
桜並木の緑・空の青・池の水面の光、が気持ちの好い場所。
写真を美しく残したいという思いの強いお客様が多いので、季節の良い時に前撮りをされます。
全身・上半身・横顔などを硬すぎず、でもちょっといつもより決めた表情やご家族との自然な写真。
そしてMOUNT ALBUM 03をお仕立てしています。

g159
g160
g161

GALLERYに写真がたくさん加わりました。
HPの掲載にあたり、皆さん快く了解を下さり、有難うございます。

お父上

最終ご報告です。
長男の中学総体は終わり、そして部活の夏が終わり、引退です。
結果は、京都府下で5位でした。
部長として思い悩んだ日も多々あっただろうけど、熱い顧問の先生や素晴らしい仲間に助けられ、幸せだったと思う。
全員がとても清々しく、彼らの中の何かを一つ越えたんだろう。

では今日から再び、写真撮影のお話です。
先日、ご夫婦と奥さんのお父上の3人で大阪から撮影に来られました。
写真撮影をするには何かきっかけがあるものだと、お客さんとお話をしていて常々思っています。
このご家族もそうだった。
お父上がご病気になり少し体調を崩され始めたことがきっかけだった。
心と体が動くうちに一緒に写真を残しておきたい!
そんな思いからのご依頼だった。
スタジオで記念写真を撮り、その後桜並木の緑の美しい長岡天満宮の庭を歩き、池を渡り、本殿で家族の幸せを願いました。
道中、お父上は嬉しそうに色んな話をして下さいました。
お勤め先が長岡京市だったこと、そしてエンジニアだった頃のお話、大学時代のことなど、とても饒舌にキビキビと。
全く病いなんか感じませんでした。
久々に出掛けられたという事もそうだろうし、美しい風景を観たという事もそうだろうし、家族とお喋りをしたことも元気の源だろうし、そして写真撮影の時間があったからこそ、このストーリーが生まれたのだろうし。
すべては楽しく生きてるという事が、そうなのかも知れない。

後日談ですが彼女曰く、前日も当日もずっーーーーとお父上は、撮影に来ることに対して、ぶつくさぶつくさ言われていたそうです。
企画倒れに終わるんじゃないかと、冷や冷やされてたとか。
でもスタジオのドアを開いた瞬間、観念されるんです、みなさん。
もう煮るなと焼くなと好きにしろ!ってな具合です。
嫌がっていた人に限ってみんな、とても楽しまれ、ほぼ言いなりにならはるんです。
だからボクは全然心配してないんです。
とにかくここにさえお連れ頂ければ、必ず楽しいと感じていただけ、そのご家族らしいアルバムをお作りします。

帰宅後お父上が電話で、今日はホントに楽しくて、楽しくて、気持ちよく話せた。
だからアルバムが一日も早く見たいと、話されていたようです。
ほらね。
ラストショットに選んだ場所は、お勤めされていた会社の前。
男として、そのことも好かったのかも知れないと思う。
フィルム2本分を撮影し、20ページのアルバムにお仕立てしました。
1時間半もあれば、好い写真好いアルバムが出来上がります。
写真アルバムが明日への生きる力になればと願うばかりです。

ご家族の写真は、下記のリンクページの後半に出てきます。
こちらからどうぞ☆

g156
g157
g158

先週のイベント、メリーゴーランドがSTU:Lにやってくる!
そして昨日のメリーゴーランドでのこどもカメラ。
お越しくださったお客さま、ほんとに有難うございました。
とても沢山の方にお会いできて、好かったです。
こどもカメラも雨の予報にも関わらず、こども達のパワーに押され、雨雲もどこへやら。
帰る頃に、ポツポツと降り出しました。
これから撮影がとても忙しくなる時期ですので、年内のイベントは一旦終了です。
こどもカメラも次回は来年春頃。もうすでにお声を掛けて下さっているお店があります。
来年はいよいよ神戸に行きます。