写ルンです

g22

実はこの写真、FUJIFILMの昔から今もある、“写ルンです”で撮っています。
使い捨てと言われたあのカメラでも、こんなにいい感じに写るんです。
それは何でか?
フィルムだから、ショップでプリントしているから。
何にも変わった事はなく、普通のノーマルのカメラで、普通にプリント。
そんな数年前までは極々当たり前にしていたことをしているだけなんです。
でも確かに何か違いますよね。
輪郭もむやみにテキパキしていないから丸ーく見える。
色合いも美しい。
ボケ味も風合いになる。
数年前まではみなさんも、こういう写真を見ていたはずだし、撮っていたはず。
いつからなんでしょうね。
この写真を1枚手にするのに、手間が掛かり高価だと思ってしまったのは。
手軽だからそれでいい、安けりゃそれでいい。
それでほんとにいいのでしょうか?
手間が掛かった時間だけ、クォリティも納得度も上がるはず。
費用も高い分、大切にする。
全部過去に置いて行かず、好い物はやっぱり今も手にしましょう。

そんな様々な思いを込めて、こどもカメラは色んな町へ出掛けます。
来週の月曜日には、メリーゴーランドKYOTOへ。
鴨川を撮り歩きます。
ただ今回も12名集まってくれていますので、募集は終了しています。
また次の町で会いたいですね。

尚、今週の日曜日に雑誌tocotocoとのコラボ企画、tocotoco祭りでは撮影会を行います。
場所 / メリーゴーランドKYOTO
時間 / 10時~夕方
内容 / 1~2枚撮影します。

他にも楽しそうなお店が出店しますので、よろしければいらして下さい。
お待ちしております。

もっと話そう

g21

2008年に初めて、奈良に住むあるご夫婦2人の記念写真を1枚撮った。
帰りの車中で、いつか妊婦姿を撮りたいと何気に思われたそう。
結婚10年目と言われていたと思うんだけど、その後すぐに妊娠された。
それからというもの1年に何度も撮影に来て下さるようになった。
桜の下写真、毎年のお子さんの誕生月写真、おじいちゃんお父さんお子さん3人の長男ズ写真、お友達との友情記念写真、2年後まで続く稚児行列写真、年賀状写真、イベント先での写真などなど。
初めて出会った2008年からの6年で、なんと26回。
STU:L歴代第1位の撮影回数記録保持者であります。
葉書サイズの焼増しの注文も必ずお受けするのですが、ちゃんとお家に飾られてるのがうれしい。

こういうアルバムがあったらいいなというリクエストから生まれた商品があります。
MA02(MOUNT ALBUM 02)がそうであります。
プレゼント用にミニアルバムが欲しいとという一言から生まれました。
アドバイザリースタッフ?
そして沢山のお知り合いとSTU:Lを繫げて頂いたりして、今ではなくてはならないご家族です。

お客さんと店の繋がりから、人と人との繋がりになっていく。
繋がりのカタチは色々あるんだろうけど、やっぱり話すのが絶対いい!
お子さんの言葉が遅い、と悩まれてた時期もあったけど、今では笑い話。
すっかり一人前に喋るソウタロウくん。
話すコミュニケーションが1番楽しいんだと、こどもでも分かってるんだ。

探そう作ろうハイチーズ

デジタルカメラで大量の写真を撮っても、それを見てる人は少ない。
ハードディスクには入っているんだろうけど、誰のため、何のため、いつのためのモノなんでしょう?
とりあえず撮っておいたら安心。
いつか隠居した時に、家族の写真、こどもの写真を見て楽しもうとでも。
写真はしまうものではなく、生写真にして見るものです。
写真を見ながら成長ぶりを噛み締めてた子どもの頃。
こどもはジブンの写真を見るのが大好きだと聞くし、ボクもそうだった。
親父がフィルムで撮ってくれた白フチ付きの、独特の風合いの写真たち。
べリべりのアルバムをよーく眺めていたのを憶えている。
こどもながらに、次はこんなポーズで撮ろうとか、変顔しようとか、空想しては笑ってた気がする。
1人でもそんな考えの人が増えてくれるのを望んでいます。

今度、撮影をして生写真をお渡しするイベントをします。
7月30日(火)こども夏休み企画としまして、小さなイベントを行います。
誰もやったことのないような内容です。

ご存知の方も多いと思いますが、田中美穂植物店の美穂さんとの初コラボです。
朝、STU:Lに集合してみんなでお気に入りの枝を探しに行きます。
見つけたらSTU:Lに戻り、美穂さんと一緒に造形します。
気に入って見つけた枝を夢中でジブンだけの宝物に。
宝物ってなんなのか美穂さんとお話をして、みんなで考えながら作ります。
ジブンの力で作り上げた宝物を持って、公園で撮影だ!

夏休みの思い出に、こどもたちのその時の宝物を残してあげませんか?
フィルム写真と一緒に。

g19

PARTS情報
7月28日(日)~30日(火)の3日間限定で、田中美穂植物店さんの植物たちを販売いたします。8月中はお休みになりますので、この機会に是非いらして下さい。

g20

http://d.hatena.ne.jp/shokubutsutokohi/

http://keibunsha.sakura.ne.jp/tanbou/staff_column070124.html

それぞれの結婚写真

g18

g16

結婚式の写真撮影・アルバム制作は、奈良にある秋篠の森さんだけ、専属でさせて頂いている。
6年前までは、お客さんからご依頼があれば1人で全国を回っていた。
月に10組撮ることもあった。
そして7年が過ぎ40歳になったある日、ふとやめようと思った。
どんな状況でも良い写真を残せるようになるため、修行の思いで結婚式を撮ると決めていた。
しかし、カメラマンになった時からいつかは家族の写真撮影をするのだと決めていた気持ちが、そろそろ顔を覗かせたのだ。
お客さんからの家族写真の依頼も増え始めていたこともあり、土日をスッポリ空けようと思った。
もうひとつの理由は、上にあるような写真を撮り続けたいから秋篠の森さんだけは今もお世話になっている。

今月、結婚式の撮影に北海道に行きます。
それは、ボクにしか撮れない写真だと思ったから。
おじいちゃんおばあちゃんと新郎新婦の4人だけの結婚式。
STU:Lのお客さんの牧場をお借りして、空と木々と大地の中で人前式のご提案をしました。
2人はそれをとても喜んで受け入れてくれた。
4人だけの人前式のために。

年間を通して、ボクにしか撮れないような撮影依頼があります。
結婚式はご両家の思いがあるからキラキラした感じだけど、自然な所でやっぱり撮りたいから、前撮りをして欲しいとか、
結婚式は挙げないけれどドレスを着て青空の下で撮りたいとか、普段着だけど家族の前で愛を誓っている写真を残したいとか。
ほんとに色々なお客さんからご連絡を頂きます。
そして3人で相談をしながらその日を作り上げて行く。
このプロセスも写真撮影には大切だと思う。

一緒に歩いて行くと決めたお二人さん、
何かあれば、なんでもご相談下さい。

全部、逆

全部、逆なんじゃないかと思う。

今まで自分が思ってきたことや、色々なやり方が実は全部、逆なのかも。
例えばギターは、左手の指使いより右手のピッキングが大事だし、
ドラムでも、バスドラをキックする右足より、ハイハットでリズムを取る左足から生まれるグルーブ感が大事なのかも知れないと思うようになった。
歌も、声を出すよりブレスの場所が大事だし、本も、行間が大事だったりする。
写真で言えば、ボクは被写体のアングル以上に背景を重視する。

だからSTU:Lも今年から逆転の発想を試みている。
販売促進に関しては、今までは早朝であろうと深夜であろうと突然会議が勃発し、何もかも2人だけで決めてきた。
でもそのやり方では限界があることに気付き、周囲の意見を積極的に聞き、取り入れるように変えてみた。
今までのやり方では出会えなかったであろう人たちと繋がるためにも、お客さんの選択肢にあげてもらうことがとても大切だと思う。

ただ色の違う人達が来ることは怖くないのか?とよく言われる。
そして答える。

全然怖くない!

ボクの仕事はお客さんから依頼を受け、写真を撮ること。
だから、お客さんにとってSTU:Lは平等でないといけない。
黙っていてもSTU:Lのよさを分かってくれる人と、情熱を持ってぶつかっていかないと分かってもらえない人がいると思う。
さぁどうする?
答えは決まっている。
やるしかない。
ジブンにはこの仕事しかできないから、やる!
志を高く掲げようじゃないか。

g17