こどもカメラ1

g12
ボクも写ルンですで撮りました。(上の写真)

先週の土曜日に行いましたこども16名のワークショップ、“こどもカメラ”。
無事に終了いたしました。
ご参加下さったみなさま、暑い中ほんとに有難うございました。
募集時には予想をはるかに上回る大きな反応に驚き、そして少々オーバーではありますが、皆さまの大きな期待をココロで感じ、当日は行いました。

こどもたちはやっぱりすごいです!
彼らの彼女らの嘘のない、柵もない、そして時には怖いくらい真っ直ぐで、限りなく透明に近い世界が大好きです。その世界に一緒に身をおくと、見えてくるんですね。
こんなに濁ってしまった人間でも、表面を洗い流してくれたかのように、向こうが透き通って見えてくる。
時代が暗闇になる前に、ボクらはこどもたちと光の世界へと出て行かなくてはいけないようです。

必死にファインダーを覗いて、輝く瞬間を待って、狙って、1枚1枚丁寧に撮る。
そしてまたジブンの手でフィルムを巻く。
その繰り返しの中に、こども達は何を見たんだろう。
写し出されたフィルムの生写真の美しい色合いと、枠から飛び出した構図にはやっぱり嘘はなく、生きてる強さを見た。
デジタルが主流になって、過ぎた日はもう戻らないと思う人もいるだろうけど、そんな事に構ってる時間はない。もう恐れない。
こども達が大切なモノを呼び醒ましてくれたから。

写真は撮られるより、撮る方がずっと得るものは大きい。
撮った人間にしか分からないことがある。
フィルムに写し出された世界だけでなく、写っていないものが実は沢山あるのだと思う。
その時の会話や、季節の香りや、撮れていた時の喜びや、カメラを構えている時に実は笑っている、自分の顔や。ここには書きませんが、沢山のことがこどもたちとの間に生まれた。
ただ、着地点は撮ることではなく、その写真をアルバムに入れてみんなであーだこーだ言って見る!
アルバムを見ていたあの頃の光景をみんなで撮り戻すこと。

お前たち、小さくまとまんなよ。

この取り組みを、ライフワークにする事にしました。
地元から全国へ、必ず広めていきます。
今回来れなかった方々へ、、、 次回また行いますので是非いらして下さいね。
普遍的なことへの挑戦を始めます。

g13
STU:Lの取り組みを、京都新聞さんが取り上げて下さいました。

カテゴリー: LIFE